食事

きび砂糖とてんさい糖が危険というのはデマ!赤ちゃんでも大丈夫

日本ではお砂糖というとしっとりとしたあの白い色の上白糖(caster sugar)のことを指しますが、実は世界的にみると上白糖を使っているのはほぼ日本だけというのをご存知ですか?他国では砂糖といえば一般的にグラニュー糖のことを指しており、クセがなく上品な甘さを持っているため様々な料理で重宝されています。グラニュー糖というと日本国内では紅茶やコーヒーに入れたりお菓子を作るときに使ったりするイメージがありますが、世界では万能な甘味料として認識されています。

最近徐々に人気が上昇しているきび砂糖や三温糖、ちょっと大きなスーパーマーケットなら取り扱いのある甜菜糖、沖縄名産でお土産として定番の黒糖など砂糖にもいろいろな種類があります。今回はこれらを含め砂糖にはどんな種類があるのか、また効果や危険性、 健康に良いのかなどを調べました。読み進めていくうちに、きび砂糖と白糖の違いなどそれぞれの特徴がわかるようになっています。

きび砂糖とは

きび砂糖とはカップ印で有名な製糖会社である日新製糖の商品名であり、黒糖や甜菜糖といった砂糖の種類を表すものではありません。きび砂糖は白砂糖やグラニュー糖を作る途中の砂糖液(精製している途中)を煮詰めて作った砂糖です。黒糖よりも味はしつこくなく、上白糖にはないさとうきびの風味とミネラルなどの栄養が含まれているという特徴があります。

 

黒糖はさとうきびの絞り汁に含まれている独特の苦みやアクを感じますが、精製してこれらの雑味を程よく取り除いてありますので、まろやかな甘さが評判となっています。

きび砂糖は上白糖の代用として使えますので、意外と万能といえます。グラニュー糖だとただ淡白な甘さだけが主張されて料理の仕上がりに照りが足りなかったり、風味が足りなかったりしますが、この点きび砂糖はほとんど違和感なく代用品として活用できます。黒糖を上白糖の代用として使ってしまうと、コクがありすぎて料理の味が変わってしまったり、色が変わったり焦げたような色になってしまいます。

 

精製するということは甘味以外の成分を取り除くということなので、そういう意味ではきび砂糖(英語ではMillet sugarまたはlight brown sugarといいます)は黒糖とグラニュー糖の中間のような性質を持っています。

危険という情報があるけど?

国内の製糖メーカー各社が発売しているきび砂糖の情報を検索すると危険だというページがいくつも見つかりますが、これは本当でしょうか?危険といわれる点は2つあるのですが、一点目は摂取量に気をつければ問題ないですし、もう一点は気にしなくても大丈夫なものです。詳しくご説明しましょう。まず、きび砂糖の主成分は他の砂糖の種類と同じショ糖(スクロース)なので、摂取すれば血糖値は上昇し、虫歯になりやすくなり、高カロリーなので肥満などになりやすくなることが挙げられます。

甘い食品は依存性があり、食べ過ぎると糖尿病などの罹患リスクが高まります。しかし、例えばコンビニで砂糖入りのジュースを買って毎日飲んでも健康を害する直接的な影響はほとんどないですし、現代の食生活で砂糖入りの食品を避けることはほぼ不可能なうえ、いちいち気にしていたらきりがありません。

次に、ボツリヌス菌が含まれている可能性が否定できないという情報についてですが、これについて直接製糖メーカーである日新製糖のお客様相談室に電話確認してみたところ、発売してからボツリヌス菌が検出されたことは一度たりともないという回答をいただきました。もし原材料にボツリヌス菌がいたとしても、確実に死滅する温度で加熱処理をしているので安心して使えるとのことでした。

 

乳児の離乳食だけでなく赤ちゃんに与えても大丈夫なのです。きび砂糖と検索するとなぜか危険とかボツリヌス菌がどうのとかいう情報が出てきますが、これはとんだ風評被害です。

てんさい糖とは

てんさい糖とは砂糖大根(甜菜)の根っこの部分を搾って煮詰めるとできる砂糖の種類のことです。甜菜は寒冷地でも育つ作物で、主に中緯度から高緯度の場所で栽培されています。日本では北海道における栽培がさかんで、国内で生産される砂糖の75%はこの甜菜が原料となっていて、全国の砂糖消費量の25%を占めています。

 

世界規模で見ると砂糖の原料のうち35%を占めていて、葉と搾った後のかすは家畜などの飼料となります。てんさい糖の生産量が多い国は、フランス、ロシア、ドイツ、アメリカなどです。

てんさい糖の甘味は口の中でほのかに広がる上品なもので、上白糖と比較するとその優しい甘さに物足りなさを感じる人もいるようです。三温糖やきび砂糖など砂糖は体を冷やす作用がありますが、唯一てんさい糖だけは体を温める効果があり、冷え性の改善が期待できます。また、原料の甜菜には天然のオリゴ糖が5%程度含まれているため、痩せ菌を解説したページでも触れたとおり善玉菌が増える効果があります。

 

水にてんさい糖を入れて熱するとてんさい糖シロップになります。熱するときに沸騰しない(煮込まない)ように注意してください。てんさい糖シロップはメープルシロップの代わりとして使えます

赤ちゃんに食べさせても大丈夫?

てんさい糖は害があるとか危険という情報があり、また、はちみつから連想されるのか赤ちゃんに食べさせると危ないというイメージもあるようです。結論を先に書くと、赤ちゃんに食べさせても大丈夫です。危険というと言葉のいきすぎでデマと言えますが、逆に安全かというとそうでもありません。危険であるというイメージは下記の2点が原因になっています。

 

農薬

てんさいは害虫の被害にあいやすく、植物の病気にかかりやすいため農薬が使用されています。害虫をよせつけないために殺虫剤もまかれていますが、そうしないと農家の採算があわないため仕方がないそうです。残留農薬を心配する声もありますが、日本で栽培される野菜のほぼ全て(無農薬やオーガニック以外)に農薬が使用されている現実を考えると、てんさいだけ健康への影響を考慮してもあまり意味がありません。

遺伝子組み換え

甜菜に限らず、海外の農作物は遺伝子組み換えされた品種であることが多いです。日本国内では遺伝子組み換えされた農作物は消費者に避けられているイメージがありますが、実は日本は世界一遺伝子組み換え種を輸入している国なのです。原料である甜菜が遺伝子組み換えされたものであっても、加工されたあとの食品であるてんさい糖は表示の義務がない(醤油や砂糖、油など)ので、抵抗なく消費されているのです。

 

農薬を使用しておらず、遺伝子組み換えもされていないてんさいを選ぶには、有機やオーガニック、無農薬の表示がある商品を選ぶようにするしかありません。自然食品を扱うお店ではオーガニック認定のスイスから輸入された安全なてんさい糖を販売しているところもあります。

きび砂糖とてんさい糖の違い

ここまでの説明からきび砂糖とてんさい糖の違いはなんとなく把握いただけていると思いますが、改めて違いを比較してみましょう。

きび砂糖

・原材料はさとうきび

・ある程度精製されているため自然に近い茶色をしている

・てんさい糖と比べるとマグネシウム、リン、カリウム、カルシウムが多い

・上白糖のような甘味とさとうきび由来のコクのある風味を持つ

てんさい糖

・原材料はてん菜(ビート)

・糖蜜(とうみつ)を煮詰めて高温で乾燥させているので少し焦げたような色をしている

・炭水化物とカロリーはきび砂糖とほぼ同じ

・ほんのりした上品な甘味

三温糖とは?

三温糖とは、グラニュー糖や上白糖を分離した後の糖液(蜜糖)を煮詰めて結晶化させることで作る砂糖のことで、何回も加熱するためカラメル色がついています。ブラウンシュガーの一つで、黄褐色を薄めたような色をした甘味の強い砂糖です。カラメル色は自然につくものですが、製糖メーカーの中には上白糖にカラメル色素を添加して三温糖として販売している会社や工場もあります。原材料の欄を見ればカラメル色素を使って色をつけているかどうかを確認することができます。

グラニュー糖

グラニュー糖(caster sugar)は精製糖の一つで濃縮ショ糖液を結晶させたものです。細かな粒状で無色透明ですが、結晶が光を反射するため白く見えます。カスターシュガーまたはキャスターシュガーともいいます。分蜜糖の中でもショ糖純度が高く、クセがないため淡白な甘味が特徴です。上白糖のように転化糖が混ざっていないためサラサラとしています。

 

上白糖はコクがありガツンとくる強い甘味があるのに対し、グラニュー糖は素材の味をそのままに甘味だけつけることができるという違いがあります。香りが大切なコーヒーや紅茶などの甘味料として適しているほか、ビスケットなどサクッと仕上げる焼き菓子によく使われます。

角砂糖はこのグラニュー糖に糖液を加えて湿らせたあと、成型機で立方体に固めて乾燥させて作ります。はっきりした規格は無いため製糖会社によって違いはあるものの、重さは平均すると3グラムから4グラムとなっています。

 

ところで、角砂糖やグラニュー糖を含む砂糖は品質の劣化が極めて少ないため、原則として賞味期限と消費期限がないので表示されていません。指定された保存方法ならば基本的に変質は起こりません。直射日光が当たらず、常温で乾燥した場所で保存しておけば5年でも10年でも使い続けることができます。塩や砂糖は長期保存できるため、JAS法と食品衛生法で賞味期限と保存方法の記載が免除されているのです。

和三盆

和三盆(わさんぼん)とは、主に香川県や徳島県で生産される高級な砂糖です。200年以上もほぼ変わらない伝統的な製法によって作られているため希少性も価格も高く、350グラム入りのパックで約1200円もします。徳島県で製造されたものは阿波和三盆糖、香川県で製造されたものは讃岐和三盆糖といいます。黒砂糖をまろやかにした感じの味で、色はクリーム色(薄い黄色)。

 

需要は主に落雁と呼ばれている干菓子(和菓子)向けですが、他にも飴やようかん、高級レストラン、高級な寿司屋、蕎麦屋などでも使用されています。日本国内では家庭で使うことはほとんどなく、外国人が日本のおみやげとして購入するケースが多いようです。

和三盆の原材料となるサトウキビは沖縄などで栽培されているものとは品種が異なり、在来品種である竹糖(読み方はちくとう又はたけとう)が用いられます。香川県や徳島県の地元では細黍(ほそきび)と言われており、背丈は約2メートル、茎の太さは人差し指ほどしかありません。修学旅行などで沖縄に旅行に行ったことがある人はサトウキビ畑を見たことがあると思いますが、実際に細黍(竹蔗:ちくしゃと読みます)と比較したら同じサトウキビと思えないほど茎の太さに違いがあります。

栽培と製糖

春に土の下から種きびを掘り起こし、栽培して11月下旬に収穫します。原材料となるサトウキビを選別したあと、しぶ皮をとり長さを調節し、糖液を搾り取ります。糖液は手作業で荒釜でアクをとったあと、沈でん物を取り除き、煮詰めて白下糖にされます。白下糖はすぐに使われることはなく、2週間ほど寝かせて熟成させます。その後布袋に入れて、しぼりの作業に移ります。しぼりでは押し船と石の重みにより自然と圧搾され、黒っぽい糖蜜が抜けていきます

このしぼりの作業を経た白下糖は職人たちの手により水を加えられ、切櫂(せっかい)という専用の道具で研がれていきます。この「しぼり(押し船)」と「研ぎ」を昔は3回繰り返したことから、和三盆という名称がつけられています。ちなみに現在ではより上品な風味を引き出すため、そして白い色合いを得るために、この作業工程は5回繰り返されます。そして乾燥させて完成となりますが、工場によってはふるいにかけて粒子を整えるところもあります。

関連記事

キャノーラ油とサラダ油に違いはあるの?本当に危険なの?

今日の夕飯は何にしよう?揚げ物にしようかな〜?そう思ってスーパーに行くと、揚げ油が大量に陳列されていてどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。サラダ油、キャノーラ油、紅花油、コーン油、菜種 …

甘酒の効果と米麹からの作り方!飲み方と最適な量は?

最近特に注目を集めるようになった日本のスーパーフード、甘酒。私はコンビニのバイトの帰りにいつもローソンでカップに入っている大関の甘酒を何本か買って家で飲んでいました。すると不思議なことにクタクタに疲れ …

ソルビトールに危険性はある?甘味料の効果と添加物の用途

コンビニ弁当やガムなどが大好きな私ですが、健康が気になってふと原材料が記載されているシールを見てみると、ソルビトール(sorbitol)やアスパルテーム、トレハロースという表示をよく目にします。実はこ …

日本茶(緑茶)の作り方と種類一覧!中国茶と紅茶の特徴とは

日本でお茶というと日本茶、特に緑茶のうちの煎茶のことを指しますが、他にも玉露や抹茶、ほうじ茶も日本茶の種類になります。他にも鉄観音や黄金桂などの烏龍茶、ジャスミン茶、プーアール茶の3種類ある中国茶、ダ …

キヌアの効果と栄養は?一番簡単な食べ方は炊飯器で炊くだけ!

私はコンビニが好きで特にナチュラルローソンによく行きます。ナチュラルローソンは糖質制限ダイエットやカロリー制限をしている人向けの商品が並んでいて、かなり健康志向のラインナップとなっています。最近かなり …