食事

キャノーラ油とサラダ油に違いはあるの?本当に危険なの?

今日の夕飯は何にしよう?揚げ物にしようかな〜?そう思ってスーパーに行くと、揚げ油が大量に陳列されていてどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。サラダ油、キャノーラ油、紅花油、コーン油、菜種油、オリーブオイル、大豆油・・・これらの油って一体何から作られているのでしょうか。

最近は健康ブームが続いていて、サラダ油とキャノーラ油は危険だから使わない方がよいとか、逆にとりすぎなければ健康に問題はないとかいろいろな見解があります。私も天ぷら油は日常的に使っていますし、長期的にこれからも使いますので非常に気になりました。

 

そこで、キャノーラ油とサラダ油の違い、本当に危険な成分は含まれているのかどうか、代用できる安全な油はあるのかといったことを中心に調べてみました。

サラダ油は何からできているの?本当に危険なの?

サラダ油とは、野菜にかけるドレッシングとして使うことに適している油のことです。正確には、日本農林規格に沿った植物油であること、精製度が高く低温でも凝固(固まること)しにくい油のことです。具体的には日本農林規格(JAS規格)では耐冷性があり0℃の温度で5時間半混濁しない(清澄である)ことが条件となっています。

 

サラダ油は下記の9種類の原材料のいずれかを精製したものです。

菜種(アブラナ、菜の花ともいいます)

とうもろこし

ひまわりの種

大豆

ごま

紅花の種子(サフラワー油、マーガリンの原料)

綿実(わたの種子)

落花生

これら以外の原材料から精製されたものはサラダ油とはいいません。例えばブドウの木の種を原材料としたグレープシードオイルはサラダ油には含まれません。これらのうち2種類以上の材料を混合させて作る油は調合サラダ油と呼ばれます。なお、日本のスーパーで販売されているサラダ油のほとんどは大豆油となたね油を混合させて作られた調合サラダ油です

 

さて、サラダ油が危険かどうかなのですが、結論からいうと、長期的に大量に摂取すると健康を害する危険性があるということになります。サラダ油の危険性3つをご紹介します。

 

1:抽出方法が危険

サラダ油を作る方法に溶媒抽出法(脱脂加工法の一つ)という製法があるのですが、この製法は様々な大学の教授やいろいろな書籍で危険性が指摘されています。ヘキサンやヘプタンというガソリンのような石油に似た物質(溶剤)を使って原材料から油を抽出したあと、加熱して高温で溶剤を気化(蒸発)させるというのが溶媒抽出法です。

溶媒抽出法は原材料から99%もの油を分離することができる非常に効率の良い製法なのですが、問題なのはこの体に悪い溶剤が完全に気化せずに油に溶けて残ってしまう可能性があることです。ヘキサン(ノルマルヘキサン)やヘプタンは食品衛生法においては加工助剤に分類されますので、使用する場合はには製品化する過程で除去することが義務となっています。

 

ヘキサン(ノルマルヘキサン)は毒性があり、大量に吸い込むと、頭痛、めまい、吐き気、歩行困難などの多発性神経症の症状が現れます。ちなみに、ノルマルヘキサンは油脂を洗浄することができるため、ホームセンターでは車やバイクのパーツクリーナーとして販売されています。

2:トランス脂肪酸(トランス型不飽和脂肪酸)について

サラダ油に含まれるトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させることがわかっています。また、摂取することで、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、認知機能の低下(認知症の悪化)、動脈硬化、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーになってしまう危険が増加してしまうことが判明しています。

 

世界保健機関(WHO)や食糧農業機関(FAO)などの国際機関では健康維持のためトランス脂肪酸の摂取量を出来る限り抑えることが重要との見解を示しており、最大で1日当たり総エネルギー摂取量の1%未満(1日約2グラム未満)にするように勧告を出しています。

 

トランス脂肪酸の使用については、アメリカでは2018年6月以降に全面禁止となっていて、ヨーロッパでも使用を全面的に禁止している国があります。では日本の対応はというと、日本人はトランス脂肪酸の摂取量が欧米人と比較すると少ないから問題ないとの見解を出しており、特に動きは見られません。

賞味期限が過ぎていたり、揚げ物で何回も使っている酸化したサラダ油には多くのトランス脂肪酸が含まれています。ちなみに、パンやケーキ、クッキーなどのお菓子、生クリーム、フライドポテトなどにも含まれています。

 

3:リノール酸が危ない

リノール酸はサラダ油のうち、ベニバナ油(サフラワー油)とコーン油の2種類の植物油に特に多く含まれています。リノール酸は必須脂肪酸の一つで、血中コレステロール値や中性脂肪値を低下させる効果があります。人間は自ら体内でリノール酸を合成できないため、食事で摂取する必要があります。

 

これだけ聞くと健康に良い成分と思ってしまいますが、実はこのリノール酸は揚げ物や炒め物などで加熱するとヒドロキシノネナールという神経毒に変化してしまうのです。ヒドロキシノネナールは脳細胞を損傷させてしまうため、脳が萎縮してしまう可能性があります。そうすると、アルツハイマー病を発症したり、もの忘れが激しくなったり、うつ病になってしまう可能性は否定できません。

また、このリノール酸は摂取しすぎると健康を害することがわかっており、日本政府のホームページでは過剰な摂取は脳梗塞、心筋梗塞、がんといった生活習慣病の原因になるとして注意喚起をしているのです。さらに、アトピーの原因にもなってしまうので、毎日揚げ物やお菓子をたくさん食べたりするのを控えて、ベニバナ油とコーン油の使用をなるべく避けるようにするのがよいでしょう。

 

キャノーラ油って何?

キャノーラ油(canola oil)とは、菜種油のうちキャノーラ品種から採油された油のことをいいます。1970年代にマニトバ州立大学がエルカ酸(エルシン酸)とグルコシノレートを含まない品種を遺伝子組み換え作物として開発したのがそもそもの始まりです。

エルカ酸(エルシン酸)は人体に有害な脂肪酸で、心臓や腎臓の機能を障害することが分かっており、グルコシノレートは苦味成分で過剰摂取すると毒性があります。さらにその後、植物の病気や冷害、干ばつに耐性の強い品種が企業や大学で開発され、品種改良された結果できたのが現在のキャノーラ品種です。

ちなみに、キャノーラという呼び名には意味があり、カナダ(発音はキャナダ)で開発されたオイルだから「キャノーラ」というのです。まさに国を代表する製品なのです。

今でこそ世界中で販売されているキャノーラ油ですが、もともとは石けん、口紅、インク、潤滑油として利用される工業用の油でした。しかし現在は毒性がなく飽和脂肪酸が少ないうえに、オメガ3(n-3系脂肪酸)の多い健康に良いイメージがあるサラダ油として日本で販売されています。

 

もしあなたが遺伝子組み換え作物を原材料とした油を使いたくなければ、原材料の100%が国産の菜種である商品か、有機認定マークが表示されている(オーガニック)商品を選ぶべきです。なぜなら、よく見かける遺伝子組み換えでないという表示は、原材料のうち95%は遺伝子組み換えでないという意味であって、残りの5%は遺伝子組み換え作物であるかもしれないからです。

 

国内の表記ルールでこのように決まっています。遺伝子組み換えでないという表示がしてあっても完全に安全であるというわけではないのです。日本では国が定めたルールで、遺伝子組み換え作物(GM作物)の商業栽培が禁止されているほか、オーガニック(有機認定)の表記ができるのはGM作物を全く使用していない商品であることが決められています。ですから、安全な食品だけを食べたいと考えている方は、上記2つの選び方を覚えておいたほうがいいでしょう。

キャノーラ油とサラダ油の違いとは?

キャノーラ油とサラダ油の違いは、サラダ油は原材料にいろいろな種類があるがキャノーラ油はカナダで開発された特別な品種を原材料としているという点です。ただ、サラダ油と表示されている商品でもキャノーラ油と混ぜて作られたものも多いため、そういうサラダ油を購入した際にキャノーラ油との違いを明確にするのは不可能です。

キャノーラ油は菜種の種類の中の品種改良されたキャノーラという品種を原材料としているため、サラダ油の一種といえます

ただし、本当は、原材料の100%が日本国内で栽培された菜種で、しかも国産の伝統的な製法で作られた菜種油(サラダ油)と、キャノーラ油は全く別の種類の油だという認識が正しいです。

日本の菜種油はもちろん遺伝子組み換えされていない品種をオーガニック農法(有機農法)で栽培して、コールドプレス製法という伝統的な製法で作られています。コールドプレス製法は日本では玉締めしぼりと呼ばれていて、専用の玉締め機でゆっくりと圧力をかけて油を搾ります。

玉締めしぼりでは大量生産ができないうえ、時間がかかるので出来上がった菜種油の価格は高めです。割高なのであまり売れないためか、普通のスーパーマーケットでは販売していないことが多いですが、インターネットでは簡単に手に入ります。楽天やAmazonで検索するとたくさんヒットしますよ。

キャノーラ油は前述の通り、遺伝子組み換えされた菜種のキャノーラ品種を原材料とし、ノルマルヘキサン抽出法で無理矢理抽出した油です。

 

戦前は日本国内における菜種の自給率は98%もあったそうですが、2010年に農林水産省が発表した自給率では0.1%以下にまで減少してしまっています。現在の菜種の年間輸入量は約230万トンで、そのうち90%以上がカナダからの輸入となっています。

カナダにおける農作物の90%は遺伝子組み換え技術が使用されており、菜種は95%が遺伝子組み換えされた品種となっています。つまり、日本のスーパーで量販されている安いサラダ油を買うと、それは非常に高い確率でカナダのキャノーラ品種が使われている商品であるということです。

 

成分による分類

オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)

オメガ9系脂肪酸は血中の悪玉(LDL)コレステロールの濃度を下げる働きをします。オリーブオイルに多く含まれます。

αリノレン酸(多価不飽和脂肪酸)

オメガ3系脂肪酸は必須脂肪酸の一つで、体内で一部がEPAやDHAになります。中性脂肪を下げる効果があるほか、不整脈の予防にもなります。えごま油から摂取できます。

リノール酸(多価不飽和脂肪酸)

オメガ6系脂肪酸もオメガ3系脂肪酸と同じく必須脂肪酸で、コレステロール値を下げる働きがあります。大豆油、コーン油、グレープシードオイルから効率的に摂取できます。

飽和脂肪酸

代表的な飽和脂肪酸はラウリン酸とパルミチン酸などで、悪玉コレステロール濃度を上げる作用があります。油やし、ココナッツオイル、バター、ラード(豚脂)に多く含まれています。

オリーブ油は揚げ物にもおすすめ

キャノーラ油はサラダ油の代用になりますし、その逆としても代わりに使えます。揚げ油としても、お菓子作りの油としても何でも使えますのでまさに万能といえます。しかし、これまで説明した通り、伝統的な日本の菜種油以外は危険というイメージをもたれる方もいらっしゃるでしょう。そこで、揚げ物にも何でも使えるオリーブ油をおすすめします。

 

オリーブ油は若干味にクセがあり(それが独特の風味で良いという人も多いです)、オリーブの爽やかな香りがあるので苦手な方もいるかもしれませんが、サラダ油のように胃がもたれるということもなく、大量に摂取しても健康に害はありません。

しかもオリーブ油は酸化しにくい油なので使い回しをしても大丈夫ですし、揚げ物をしたときに素材の中までしみ込みにくいという良い点があります。さっぱりとした味わいに仕上がるのが特徴です。ちょっと使いにくそうだなというイメージを持っている方も、この機会にいろいろな料理に使ってみて下さい。

関連記事

クミンの効能と使い方は?代用はできる?簡単なカレーのレシピ

いつも使っているネットスーパーでカレーに入れるスパイスを検索していたところ、クミンという香辛料を発見しました。聞き慣れないこの名前ですが、実は私たちの食生活に深く関わっている食材なのです。しかも、驚く …

キヌアの効果と栄養は?一番簡単な食べ方は炊飯器で炊くだけ!

私はコンビニが好きで特にナチュラルローソンによく行きます。ナチュラルローソンは糖質制限ダイエットやカロリー制限をしている人向けの商品が並んでいて、かなり健康志向のラインナップとなっています。最近かなり …

コーヒー豆の種類の特徴を一覧にしました!人気の産地はどこ?

みなさんはコーヒー好きですか?私はコンビニでアルバイトしていたので毎日のように味を変えて楽しんでいました。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社ならどこでも中の上ぐらいの味わいです。もしかす …

ソルビトールに危険性はある?甘味料の効果と添加物の用途

コンビニ弁当やガムなどが大好きな私ですが、健康が気になってふと原材料が記載されているシールを見てみると、ソルビトール(sorbitol)やアスパルテーム、トレハロースという表示をよく目にします。実はこ …

日本茶(緑茶)の作り方と種類一覧!中国茶と紅茶の特徴とは

日本でお茶というと日本茶、特に緑茶のうちの煎茶のことを指しますが、他にも玉露や抹茶、ほうじ茶も日本茶の種類になります。他にも鉄観音や黄金桂などの烏龍茶、ジャスミン茶、プーアール茶の3種類ある中国茶、ダ …